pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

札幌市、26年冬季オリンピック招致を断念

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と、町田隆敏札幌市副市長が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談するため、スイスのローザンヌを訪問するそうです。

 この会談でJOCと札幌市はバッハ会長に、2026年の冬季オリンピック招致を断念し、2030年以降の招致を目指す方針を伝えると言う事です。

 札幌市は、26年冬季オリンピックの招致で現在第1段階の「対話ステージ」に参加しています。第1段階は、あくまで立候補の可能性を探るものですが、10月には正式招致を表明する「立候補ステージ」に移行するため、今が最終判断の時期でもあります。

 札幌市民の関心が低い上、北海道新幹線が札幌まで延伸する30年以降を主張する声が強く、更に6日に発生した最大震度7地震からの復興もあり、このまま招致を続けるのは困難と判断したものです。

 冬季オリンピックは2018年平昌(韓国)、2022年北京(中国)とアジアの開催が続いていますが、バッハ会長は3大会連続アジア開催でも構わないと言うほど、札幌の招致に積極的でしたが、肝心の札幌市に準備が整わないのでは仕方がありません。