pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

希望の党分裂へ

 昨年の衆議院選挙直前に結党された希望の党が、早くも分裂する見込みとなりました。

 希望の党民進党は統一会派の結成に向けて議論を進めていましたが、民進党から希望の党へ移った議員の中に、民進党との統一会派に反対する議員がいます。希望の党結党以前に民進党を離党していた議員は、憲法の改正や安保法案へ反対する民進党の姿勢に反発していました。その民進党と統一会派では、なんのために離党したのか判らない、と言うわけです。松沢成文議員らは、民進党ではなく日本維新の会との連携を主張していました。

 そのため、希望の党の玉木代表は分党で党を分割する事を提案、了承される見込みです。

 しかし、事情は民進党も似たようなものです。先の衆議院選挙では、小池代表が排除の理論で政策の一致しない議員を拒否。また、先に希望の党へ入党した元民進党幹事長の細野豪志議員が「三権の長は遠慮して欲しい」と民進党首相経験者らの希望の党への合流を拒否。野田元首相は「先に入党した人間の股をくぐる気はない」と不快感をあらわにしました。民進党内には立憲民主党との統一会派結成を求める声も強く、結論が出せずにいるようです。

 どうも希望の党民進党も分裂することになりそうです。希望の党の誕生で民進党は希望の党に移った議員と、立憲民主党に移った議員と、民進党に残った議員に3分裂しましたが、それから3ヶ月余りでまた分裂。こう言う事だから安倍1強が続くのでしょう。

広告を非表示にする