pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

朴槿恵大統領弾劾訴追案、大差で可決

 韓国国会は9日午後(日本時間同)、朴槿恵大統領の弾劾訴追案を賛成票234、反対票56で可決しました。

 可決には国会議員200人以上の賛成が必要で、与党セヌリ党から28人が賛成しなければなりませんでした。セリヌ党内の非主流派が賛成に回ることで可決するとの見方が大勢でしたが、実際には主流派からも多数の造反が出て、最終的にはセリヌ党議員60人以上が賛成に回りました。

 これによって朴氏は職務停止となり、黄教安(ファン・ギョアン)首相が職務代行者となります。ただし、まだ罷免が正式に決定したわけではなく、憲法裁判所が180日以内に最終判断を降すことになります。

 支持率は歴代最低の4%台に落ち込み、毎週数十万~100万人単位の抗議デモが繰り返され、国会で弾劾訴追案が可決されても、朴氏は即時退陣はせずに憲法裁判所の判断を待つ構えです。日本ならとっくの昔に首相は退陣、総選挙になっている可能性もあります。

 過去に弾劾訴追された盧武鉉ノ・ムヒョン)氏は、憲法裁判所が弾劾訴追を棄却、罷免を免れています。朴氏もその可能性に賭けているのでしょうか?。

広告を非表示にする