pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

禁錮6年の判決

 イタリアのアブルッツォ州ラクイラ県で発生し300人以上が死亡した地震について、ラクイラ地裁は22日、イタリア政府の防災諮問機関に属した専門家と政府担当者の7人に禁錮6年(求刑・同4年)の実刑判決を言い渡しました。

 この裁判、300人以上が死亡し6万人以上が家を失った2009年4月のイタリア中部ラクイラ震災で、事前にイタリア地震委員会が安全宣言を出していたために避難が行われなかったとして、遺族達が災害対策委員会に出席していた地震科学者5人と、市民保護局担当者2人の合計7人を相手取り、過失致死罪で刑事告発。これを受けてラクイラの検察当局は過失致死の疑いで捜査を開始、起訴されていたものです。

 委員会側は「地震予知は極めて困難」「当時は大地震発生の可能性はとても少なかった」と反論していました。しかし、余地が極めて困難なら、安全宣言を出すことも極めて難しいはず。なぜ安全宣言を出してしまったのか。正直微妙な問題ではあると思うのですが。

広告を非表示にする