pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

成人病と呼ばれていた病気

 生活習慣病とは、1つの病気ではなく、生活習慣が要因となって発生する諸疾病を指すための総称のようなものです。かつては成人病と呼ばれていました。ここで生活習慣と言っているのは、毎日の食生活や、喫煙の有無、運動をする/しないの習慣 等々のことです。

 同じような考え方は世界各国にありますが、その中身や危険度の設定には違いがあります。

 日本では生活習慣に起因する主な疾病として、癌、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっています。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる要因であり、また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがあります。なお、肥満に関連して起きる症候群をメタボリックシンドロームとも呼びます。

 また、糖尿病(1型糖尿病を除く)。脂質異常症(家族性脂質異常症を除く)、高血圧、高尿酸血症などが挙げられることもあります。

 「成人病」という概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として、加齢と共に罹患の危険が大きくなるという視点から行政的に提唱された物でした。丁度その頃から日本人の死亡率で上位を占めるようになったがん、脳卒中、心臓病は「三大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が整えられました。

 しかし近年になって成人病の罹患に長年の生活習慣が大きく影響している事が判明し、更に、生活習慣の激変により、未だ成人していない子供にも糖尿病等を発症する例が増えてきました。そのため、成人病の多くについて「加齢すれば必ず罹患しやすくなるのではなく、主な原因は生活習慣であり、その改善によって予防し得る」という認識の元に「成人病」を「生活習慣病」へと置き換えられるようになり、現在では完全に定着しています。

広告を非表示にする