pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

うるう秒

 世界各国の標準時と地球の自転による時刻のずれを修正するため、一日の長さを1秒長くする「うるう秒」の挿入が1日、3年半ぶりに行われました。

 現行の協定世界時は、原子時計に基づく国際原子時と、地球の自転に基く世界時があります。しかし地球の時点は一定では無く、原子時計の時間と誤差が生じるため、その差を±0.9秒以内に保つよう調整するのが「うるう秒」です。挿入は1972年から始まり、今回で25回目となります。日本国内では、標準時を決める独立行政法人情報通信研究機構(東京都小金井市)が、午前8時59分59秒の後に「59分60秒」を挿入しました。
 標準時を電波で送る送信所は国内に2か所ありますが、福島県田村市と川内村の境にある送信所は東日本大震災で被災。さらに3月末まで東京電力福島第一原発事故による警戒区域となり、職員が防護服姿で修理を行いました。

 知らない内に終わってしまったという感じです。ミクシィでトラブルがあったとか聞きましたが、大したトラブルもなく、無事終わったようです。

広告を非表示にする