pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

顔の

 乾癬(かんせん)は何も膝や肘だけにできる病気ではありません。体のどこにでも発症する可能性があります。特に顔や頭は乾癬になりやすい部分なのです。

顔に乾癬(かんせん)の症状が起こると、一番困るのは外出をするときや人と会うときでしょう。肘や膝なら服で隠すことができますが、顔はそういうわけにはいきません。さらに、顔は一番人に見られる部位でもあります。なので、顔の乾癬になってしまうと人と接することに苦痛やストレスを感じるようになり、

 ・引きこもりがちになる
 ・自分に自信がなくなる
 ・接客業などの仕事をすることが困難になる

 このように日常生活に支障をきたしてしまう場合があります。気にしなければ良いのですが、そう簡単には気持ちを切り替えることはできないものです。ですので、治療を行いながらメイクで隠すようにすると良いかもしれません。メイクで乾癬(かんせん)を目立たなくすることができれば人目を気にすることなく外出できるようになります。

また、乾癬(かんせん)は摩擦で悪化してしまうので前髪が顔にかかるヘアースタイルの方は髪をアップにして髪が皮膚に当たらないようにしましょう。

顔の乾癬(かんせん)だと、「完治できるのか」「もっと悪化してしまうのではないか」と、特に不安を感じるかも知れません。ですが焦って治療を行なっても乾癬(かんせん)をすぐに良くすることはできません。乾癬(かんせん)という病気のことを理解して、ゆっくりと治療をしていくことが大切です。

広告を非表示にする