pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

ブラックコーヒーで下がるリスク

 人民網日本語版が伝えた所によると、中国の華中科技大学同済医学院・薬学院の黄昆(ホアン・クン)教授率いる研究チームはこのほど、毎日約4杯のブラックコーヒーを長期的 に飲み続けることで、有害タンパク質(アミリン)が体内に蓄積されるのを抑制でき、糖尿病リスクを50%減らすことができるという見解を発表したそうです。同研究成果は「今週の論文」として、アメリカ化学会(American Chemical Society、ACS)公式サイトのトップページに掲載されます。

 

 これまでにもコーヒーと糖尿病リスクの低減との関連性が指摘されてきましたが、具体的なメカニズムは明らかにされていませんでした。黄教授らの研究によると、コーヒーには複数の有効成分が含まれ、糖尿病を引き起こす有害タンパク質の形成を抑制でき、糖尿病の治療と予防に一定の効果があると言います。また、コーヒーに含まれるカフェインは糖尿病リスクを低下させる効果が比較的低いため、黄教授は「総合的に見て、カフェン抜きのコーヒーには普通のコーヒーに比べ、同等かそれよりももっと高い有益な効果があると見られる」と述べています。

 

 ブラックコーヒーを1日4杯、コーヒー好きなら苦にならないでしょうが、そうでなければ辛いかもしれません。特にブラックというのが。しかし、個人的には中国人の研究という時点で信頼性が半減してます。

広告を非表示にする