pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

雑誌販売1兆円割れ

 2011年の書籍・雑誌の推定販売額(電子書籍を除く)は前年比3.8%減の1兆8042億円となり、7年連続で前年を下回ったことが25日、出版科学研究所の調べで判明したそうです。

 出版不況という言葉は、もう随分前から聞いているような気がしますが、ネットの発達や携帯端末の普及がそれに追い打ちを掛け、出版社や書店には冬の時代が続いています。特に雑誌にその傾向が顕著で、同6.6%減の9844億円と過去最大の落ち込みを記録。1兆円を割り込んだのは、1984年以来27年ぶりの事。
 漫画雑誌などでも、連載作品はヒットして単行本は売れているけど雑誌自体は売れていないと言うパターンで休刊(廃刊)するケースが出ています。要するに好きな作品だけ単行本で買い、雑誌は買わない(立ち読み)と、消費者の財布のひもが固くなっている事の現れでしょう。結局消費者が生活防衛のために雑誌を切り捨てている、のだと思います。この傾向は多分これからも続くでしょう。

広告を非表示にする