pigumon ブログ

pigumon の、いわゆる雑記ブログ

F35に決定

 政府は20日午前、首相官邸で安全保障会議(議長・野田佳彦首相)を開き、現在航空自衛隊で運用しているF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機として、アメリカを中心に9カ国が共同開発中のF35(ロッキード・マーチン社製)を選定することを決定し、同日の閣議で了承しました。
 次期主力戦闘機については、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインの4カ国が共同開発した「ユーロファイター タイフーン」と、アメリカ合衆国マクドネル・ダグラス社が開発したF/A18スーパーホーネット、そしてF35が候補になっていましたが、これでF35に決定です。

 2012年度予算案にまず4機分の調達経費を計上し、2016年度から導入を目指すとのことです。最終的には2飛行隊分42機を配備する予定で、2012年度の1機あたりの価格は99億円。

 F35は、アメリカのF16、A10、F/A18、AV8B、およびイギリスのシーハリアー、ハリアーなどを含む多種類な戦術航空機を代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づいて開発された、第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス戦闘機です。
 しかし、当初の予定より開発が遅れ、更に開発費も膨らんでおり、アメリカでも運用開始が2017年以降になるとの見方もあるなど、今後どうなるかは不透明です。